資料集



「立命館の再生を願って」の批判文の資料集

  この資料集では、鈴木元氏の「立命館の再生を願って」を「批判したこの文書」の傍証を固めるものとして、以下の5つの分野の資料を付録として添付する。5つの分野とは

  •  @この事態を、マスコミはどう見ていたかを新聞記事などから明らかにする、
  •  A立命館大学の学生自治会の決議などから、学生や教職員はどのような
       立場をとっていたかを確認する、
  •  B「立命館の民主主義を考える会」のニュースを通して、立命館大学の建
         学理念である「平和と民主主義」擁護派(立命館に働く人たち)はどう
       見ているかを知る、
  •  C朝田氏の主導する部落解放同盟と最も対峙していた部落解放同盟(三
        木府連)はこの事態をどう捉えていたか
  •  D当時の教職員組合がどう捉えていたかを明らかにしたい。

 ここに掲げた5つの分野の資料は、本文中にそれぞれ何回か引用されており、その出典を明らかにする上でも改めて整理して掲載したものである。
 なお資料番号は必ずしも順番になっていない。(これは資料番号を、本文中に出てきた順番に付番したため)



第1の分野:新聞記事等…
  ◎資料1:小畑力人氏の力量を評価した記事
         「Toshin Times 2004」を要約したもの

  ◎資料2:(2008年7月28日(火)しんぶん赤旗)
         立命館大学はいま   教学優先へ大学人の取り組み

  ◎資料3:(2002年4月3日 産経新聞夕刊)  
         立命館研究 3 ― 総長が投手、理事長は捕手 ―
                         皆川 豪志
  ◎資料4:(2002年5月10日 産経新聞)  
         立命館研究 27 ― 立ちはだかる反対住民 ―

  ◎資料5:(2002年4月17日産経新聞:皆川豪志より)
         産経新聞が小畑力人氏の力量をたたえている。

  ◎資料6:大阪の解放同盟幹部らがセクハラ
                       (2005/2/27朝日新聞)



第2の分野:立命館大学「学生自治会」の決議等

  ◎資料7:産業社会学部決議 
         「学園の民主化」を求める決議「願い」

  ◎資料8 立命館大学が直面する8つの課題(草案)
           (これこそが再生案のモデルである)
                         経済学部教員有志

  ◎資料9:(【2006年度第2回全学自治会代議員会特別決議】)
               2006年度立命館学園総長候補者選考基準

  ◎資料10:立命館大学 歴代学友会中央常任委員長による声明
                            2008年7月15日

  ◎資料11-1:人権と部落(2006.10.NO.751)の本棚
          成澤榮壽(部落問題研究所理事長)「立命館百年
          史通史二」(立命館百年史編纂委員会)の要約・解説
          がある。

  ◎資料11-2:立命館100年史 第三章「大学紛争」と立命館学園の
          課題
          第一節 一九六〇年代後半の政治・社会状況と「大学
                問題」
             四 六七年「同和教育」問題    


第3の分類:「立命館の民主主義を考える会」
                 (元教職員)のニュース

  ◎資料12:ニュース39号 「須田論文」  2012年4月20日発行

  ◎資料13:ニュース11号 「中途退職した私の思い」2008年7月9日
                  発行
  ◎資料14:ニュース15号 「学友会の代理徴収を廃止」
                             2008年11月21日発行

  ◎資料15:ニュース19号  キャリアセンター 五十嵐 進
                               2009年6月3日発行

  ◎資料16:ニュース13号 「私の意見16」   2008年8月8日発行



第4の分野:部落解放同盟(三木府連)

  ◎資料17:「朝田理論」は京都の部落解放運動をどこへ導いたか
          (1〜4)
                           1969年9月 塚本景之



第5の分野組合ニュース

  ◎資料18: 立命館教職員組合連合、立命館学園一時金訴訟をす
          すめる会
                    合同決起集会(2008 年6 月13 日)
                               ゆにおん No.51


 質問に答える